種類と魅力

フットマッサージ

まず、プーアル茶は生茶と熟茶の2つにわかれており、それぞれかなり値段が異なります。 生茶というものは長い時間をかけて発酵、熟成させてつくるために香りが良く生産量が少ない事もあって、かなり高い価格で取引されています。平均相場は200から300g前後で2万円台とかなり高く、また流通量も少ないので入手が困難ですが、非常に味わい深いプーアル茶が楽しめます。 一方で、熟茶というものは、カビなどで意図的に発行させてつくられるもので、日本に流通するものは大抵がこちらに分類されます。年代を経た風味を短期間で再現できると言う事で、竜通帳が多い事、価格が安い事が特徴です。ちょっとおこづかいをもらっている方であれば、こちらは気軽に楽しめますが、味がばらついている事があるのには注意しましょう。

当初はかなりの貴重品であったプーアル茶ですが、現在ではお手頃価格になりつつあるようです。何故かといいますと、取り扱う業者が増えてきた事に気わえて、熟茶とよばれる方法がとても盛んになってきたからです。そのため、プーアル茶自体の入手はだいぶ安易になっており、2006年ごろに見られた暴騰も現在ではおさまって、だいぶリーズナブルな価格で入手できます。一方で、生茶と呼ばれるものは未だに流通量が少なく、こちらはネット、商店問わず未だに高い値段で取引されているものが多いようです。もちろん、どちらを楽しむかは個人の自由ですから高いお金を出して、香りや年季のある味を楽しむもよし、気軽に熟茶で雰囲気を醸し出しながら召しあがるのもいいでしょう。プーアル茶の楽しみ方は人それぞれなのです。

健康になることで身体が若返る~逆浦島太郎になろう~